見えない世界のみつめ方 <映像をめぐる冒険vol.4>見えない世界のみつめ方

「映像をめぐる冒険」シリーズ第4弾として、「拡大と縮小」をコンセプトに、見ることのできる領域の拡大と世界の見方をテーマにした展覧会です。人間の世界観や視覚体験に変革をもたらしてきた貴重な資料や当館収蔵作品とともに、新たな世界の見方を提案する市川創太、小阪淳、鳴川肇の作品を展示します。(展覧会紹介文より)
- 見えない世界のみつめ方
- 市川創太×小阪淳×鳴川肇 メール鼎談『新しい世界像にむけて』
01-BNE-AG-WH-3*L

トランス・スケール 02 比率の部屋

ICCオープンスペース2011
この展覧会に出展したパラレルカメラは不思議なビジョンを切り取ることができます.このビジョンは普通のカメラがもつ画角がありません.つまり画角がゼロなのですが,これが実は建築図面で用いられる立面図のイメージなのです。建築家はこの図面に自分のイメージを描くのですが,作者が調べる限り,立面図を実際の風景から切り取るカメラは存在しませんでした.
ジオデシックカメラは全方位の半分を撮影できるカメラです.このカメラ2つで完全な全方位を撮影できます。パノラマはこれまで全方位写真として知られてきました。しかしパノラマで撮れる画角360度の全方位には真上と真下に盲点が2つありました.このような疑問からジオデシックカメラを1999年以降作り続けてきました.このカメラの開発はその後,オーサグラフと命名した投影法の開発へとつながってゆきました.
具体的な作品のコンセプトはこちら
ICCオープンスペース2011の映像
01-TRS-OP-WHOLE-L

トランス・スケール 〈ものさし〉をかえてみよう

ICCキッズ・プログラム 2011
ふだん使いなれているカメラやレンズとはちがった道具で目の前にあるものを写し取ることはできるでしょうか?遠くにあるものが小さく見えて,近くにあるものが大きく見える風景の描き方は絶対に正しいのでしょうか?カメラには必ずレンズがあり,レンズには必ず画角(レンズの角度)があるのでしょうか?そのような疑問をもとに,むずかしい電子部品も電気も使わず,日用品を使ってカメラや望遠鏡とはちがうものの見え方を体験します.
具体的な作品のコンセプトはこちら
01-TRS-KP-WHOLEVIEW-L

トランススケール コンセプト

この活動は,世界のとらえ方が,がらりと変わるような,特別な「ものさし」を見つけることをテーマにしています.ジャンルを横断しながら,自分独自の「ものさし」を使って,今までと違った世界の見え方を提示する.さらに展示とワークショップを通じて自分の手と目でどんな「ものさし」を使って世界を見ているのかを考える場を作りました.(展覧会イントロダクションより抜粋)
参加作家:寺田尚樹+野老朝雄+長岡勉+鳴川肇
01-TRS-KP1*-L

AuthaGraph World Mapについて

既存の世界地図の欠点を補い、陸地の面積比と形状をほぼ正確に表記し、かつ海を分割することなく矩形の平面に収めた世界地図。
地球の表面積を96等分し、それらの面積比を保ちながら正四面体に変換して作成する。正四面体を展開させた地図はかぎりなくシームレスにつなぐことができ、地図上のどのポイントからも三角形、平行四辺形、長方形等の世界地図を切り取ることができる。
名称はauthalic(面積が等しい)とgraph(図)に由来する。
AG_01

top

作品